エレベーターメンテナンス,エレベーターリニューアル,ビルメンテナンス,杉並区,荻窪,株式会社ユニテック

お電話でのお問い合わせはこちら

TEL: 03-3220-2531

リニューアル

リニューアル

定期的なメンテナンスは、性能の維持、故障の低減を目的として、走行時間に対応した点検、調整、部品の交換や修理を行っています。しかし、摩耗故障時期になるとシステム全体の性能低下に加えて、その時代の最先端技術との性能格差、社会的に要求される機能との格差は一段と大きくなります。このため、摩耗故障期に入る前の適切な時期にエレベーターの更新をユニテックがご提案いたします。 

一般のビルの耐用年数は、平均すると50年前後だといわれていますが、エレベーターの耐用年数は、その半分の25年程度 とされています。定期的なメンテナンスを行い、適切な部品交換、修理を行ったとしても「摩耗故障期」になると故障の発生頻度が上がり、エレベーターの安全性が大きく損なわれてきます。

築25年以上のビルで、一度もリニューアルを行っていないエレベーターは、一日も早いリニューアルをお勧めします。

リニューアル メリット

(1)インバータ制御により、乗り心地が格段に良くなります。
(2)安全性が完璧になり、安心して使用できます。
地震管制装置・停電管制装置・遠隔監視装置・防犯カメラシステム等の装備で安心感が増大します。

(3)毎月のメンテナンス料が大幅に削減されます。(30~50%)
マイコン制御により、メンテナンスが削減されます。
(4)使用電力費用が大幅に削減されます。(約30%)
(5)最新のエレベータ設置により、建物の資産価値が上がります。